睡眠導入剤はなかなか寝付けない時などに用いる治療薬となっています。しかし、正しく使わないと身体がダルイなどの薬の作用が残ってしまったりするので注意が必要です。こちらでは睡眠導入剤の正しい使い方を伝えていきます。

睡眠導入剤服用中の注意点、アルコール摂取はNG

昨今はストレスなどによって睡眠障害を抱えている方が少なくありません。
なかなか寝付けなかったり、眠りが浅いというような場合には、病院で診察を受けることで睡眠導入剤が処方されることとなります。
以前は睡眠導入剤には、様々な副作用が起こる可能性があるものとして手軽に処方されるものではありませんでしたが、最近は非常に安全性が高くなっており、睡眠障害の治療で使われるようになっています。
しかし、どれだけ安全性が高くても、服用時に守らなければいけない注意点が一つだけあります。
それが睡眠導入剤服用中のアルコール摂取です。
よく寝酒を飲むような方がやってしまいがちなことですが、睡眠導入剤とアルコールを一緒に飲むことは副作用が起こる可能性が高くなるため、絶対にしてはいけないとされています。
どのような副作用が起こるのかというと、まず睡眠導入剤の作用時間が長くなってしまうことが挙げられます。
医師は翌日まで薬の作用が持ち越さないように調整をして処方をしており、多くの場合飲むタイミングも定めています。
しかし、アルコールを摂取してしまうと肝臓での薬の代謝が阻害されてしまうため、翌日も強い眠気やふらつきめまいなどが起こりやすくなってしまうのです。
また使用する睡眠導入剤にもよりますが、アルコールを併用することで興奮や緊張感が高まり、異常行動を起こしてしまうことがあります。この時、催眠作用が働いているにもかかわらず眠りにつけなくなるため、一時的に記憶がなくなる健忘状態になることもあります。
このように睡眠導入剤とアルコールを一緒に飲むことは安全のためにも絶対に避けるべきといえ、処方される際にも注意点として必ず医師や薬剤師から言われるはずです。
ですので、睡眠導入剤を飲む際にはこの注意点をしっかり守り、安全に使うようにしなければいけません。